ロゴ
ライン

旅とサイトのお気に入り...          へろへろのしょぼしょぼです。
ライン
ライン
ライン
*****   へろへろぷち旅行記 隠岐   *****
ライン

隠岐(2003初夏)
今まで訪れた中で、土地そのものに感動したBest1は隠岐である。
隠岐は大小さまざまな島から構成されるが、大きな島は4つある。  本州よりの西ノ島、中ノ島、知夫里島を併せて島前といい、もう一つの大きい島を島後というそうな。

境港からフェリーに乗って西ノ島の別府へ、そこから連絡船で中ノ島の菱浦に着いた。
この菱浦の街の風景が、何とも言えず素晴らしいのである。 こぢんまりした湾港で、小さな漁船しか浮かんでいない。  ちゃぷちゃぷ小舟にあたる波の音。 うーん、たまらない。 アルファ波がでまくりだ。
これほど見事な「ニッポンののどか」に出会ったのは久しぶりだ。

さて、寝酒でも買おうと入った食料品店で、 この島にも1件だけパチンコ屋がある、という耳寄りな情報を聞き出した。 車で10分、歩けば30分とか言われたが、 生憎タクシー乗り場にタクシーが見あたらない。 仕方なく、聞いた道順を頼りにてくてく歩きましたがな。

途中からますます鄙びてきて、見渡す限りの田園風景。
道端では牛が草を食べてるし、既に40分は歩いている。不安になり出した頃、 はるか彼方の山の中腹にそれらしき建物が・・・「パチンコ屋であってくれ。」と祈りつつ歩を進める。

更に歩くこと20分。 すると・・・ おぉ〜 「パーラー海士(あま)」の文字が見えたではないか。
これで定休日だったらへろへろになるところだが、運良く営業していた。
私を含めて客が4人、店員さんが見えてるので3人・・・  うーん、すごい。

打ったことのない権利物をやってみる。
だいたい私は、田舎のパチンコ屋で、よく分らん現金機を打つと、すぐに当たりがくることが多い。
この日も4千円使って大当たり(3回1セット)。1箱呑まれたところで終了。 6千円の浮きだったが、勝って帰るのが悪いような気分になったのは初めてだ。

とびっきりの善人ばかりの島、隠岐。 最高でした。





ホームへ