ロゴ
ライン

旅とサイトのお気に入り...          へろへろのしょぼしょぼです。
ライン
ライン
ライン
*****   へろへろぷち旅行記 綾部・舞鶴   *****
ライン

綾部・舞鶴(2002-初夏)
夕方出発、駅前のビジネスホテルに泊まった。
だいたい、 「 電車で2時間くらいで行けるとこ 」 という探し方で行き先を決めることが多く、
特に綾部になにかある、と思ったわけではない。
ところが、たまたま次の日が綾部水無月祭りということだった。 
せっかくだから花火を見て帰ることにしたのだが、それまでの時間がヒマである。
ちょっとアシをのばして舞鶴へ。

この舞鶴という街は極めて整然としている。 車道も歩道も広く、ゴミゴミしていない。
歩く人も車もそんなに多くない。 いっぺんに好きになってしまった。
海辺の公園に出て、遊覧船に乗ってみる。
自衛艦が遠くに浮かんでいたのでバシャバシャ写真を撮ったが、遠すぎたのかピンぼけばかり。

さて、夕方、綾部に戻ってきた。
おもいっきり人が増えてる。。。 神社の周辺などはもうまともに歩けない。
お腹がすいたので、そこいらの食堂へ。 
昼間からだいぶビールやらワインやらを流し込んでいたので、トイレに入ると、、、
お、おおー! 昔懐かしポットン便所ではないか。 うーむ、気に入ったぞ。

いよいよ由良川河畔で花火と灯ろう流しの鑑賞だ。 しかし…
おそらく打ち上げ設備を広範囲には設置していないのと、風がほとんど無かったのとで、
「 前の花火の煙で次の花火が見えない 」 という状況なのだ。
音は「 ばんばかばんばか 」 派手に聞こえているんだけど、見えるのは煙だけなのだ。
たまぁ〜にちゃんと見えたときは、すかさずシャッターを押すんだが...
真っ暗か煙だらけか消えかけの瞬間かでロクなものが写っていない。 ( まったく花火って難しいよ。 )

ま、ま、花火はおくとして、灯ろう流しは良かったねぇ。
何千何万という赤い光が、ゆらゆら揺れながらこっちに近づいてくるのはなんとも幻想的だ。
懲りもせず写真をとるが、赤いつぶつぶが写っているだけで何のこっちゃかこれもよく分らない。

というわけで、フィルム2本へろへろの綾部でした。







ホームへ