ロゴ
ライン

〜千早ふる荒ぶるものを拂はんと 出で立ちませる神ぞ貴き〜 手作業な石見神楽サイト でででん堂
ライン
ライン
ライン
2007年11月11日 益田市豊川地区文化祭(久々茂保存会)
ライン


益田の豊川地区というところの小さな文化祭。
久々茂保存会の子供さん達が2演目(八幡、塵輪)を舞われました。

町内単位のコミュニティ、催し、お手伝い...
今の日本で一番大事な 『日本らしさ』 だと思います。

↑ブログの記事へ↑

▲一つ上の選択ページへ

▲ホームへ

八幡01 ちびっこ八幡です。
八幡02 小学3年生くらいでしょうか。

八幡03 この八幡を演じた子供さんたち、なんと、、、
八幡04 今日がデビューだったそうです。

八幡05 口上も立派!
八幡06 二人ともしっかり舞い遂げました。

八幡07 面をとって喜びの舞。 
八幡08 かっこいーっ! (ピントがゆるくてごめんね。)

塵輪01 さて、次に演じますのは、、、おそらく中学生かと。
塵輪02 美しい主従。 この構図は浜田方面の舞では見かけません。

塵輪03 鬼が出て、、、いったん引っ込んで、
塵輪04 帝に対し奉り、塵輪出現の旨の報告を済ませた後に、

塵輪05 再度、鬼が出てきて対決! という、わかりやすい構成。
塵輪06 益田や三隅など石見西部では、

塵輪07 口上と舞の整合性が、きちんととれています。
塵輪08 それにしても、ここの子供さんたち、、、

塵輪09 センス抜群ですね。 その上に、よく鍛えられています。
塵輪10 腰の安定感。 姿勢のよさ。 目の配り方。

塵輪11 見事です!
塵輪12 やんや、やんや! みなさん、お疲れさまでした。


▲ホームへ