<スマ切り>
舞台の対角線上を、左手の採物(とりもの)を打ち振りながら往復する動作です。
一つの対角線が終わると、右回りでもう一つの対角線に移ります。